地域ぐるみ

障害者の雇用

現在でも、不況のあおりからなかなか希望の仕事に就けない人がいます。
多くの企業は、雇い入れる社員の質を重視しており、仕事は多くあれど、なかなか採用されないという状況が現在も続いているのです。
こうした状況ですと、真っ先に企業から見切られてしまうのが、障害者です。

障害者雇用とは、企業に対して一定の割合で障害者を雇い入れるようにする取り決めです。デメリットとも思えますが、ワークシェアリングで障害者の得意なことをさせれば、企業にとっても大きな戦力になります。

障害者は、先天的にハンデを受けた人もいれば、事故や病気によって障害者となった人もいます。
このような人は、健常者と同じように仕事ができないため、企業としては積極的に雇い入れることができません。
また、障害者のなかには周囲と円滑にコミュニケーションがとれない人もいるため、社内で働く環境を悪化させる原因ともなります。
社内の環境が悪くなれば、社員のモチベーションも下がったり、仕事ができる人が辞めていってしまうこともあるため、企業にとって大きなマイナス要因となります。

このため、障害者の雇用は困難となると思われてきましたが、政府の取り決めにより、障害者雇用促進法が定められ、障害者を採用しやすくしたのです。
障害者雇用促進法では、全ての企業が一定の比率で障害者を雇うよう法で制定されているため、全ての企業は法によって受け入れることとなりました。

促進法

現在では、障害者雇用促進法が制定されたため、企業は一定の割合で障害者を雇い入れなければならなくなりました。
この法の施行により、労働人口を増やし、障害者も仕事を選択できるようになったのです。

詳細を確認する

国からの恩恵

障害者を雇用することは、企業にとってデメリットなものではありません。
国からの助成金が支払われますので、会社としても多く雇い入れることによって、利益を上げることができるのです

詳細を確認する

特性

障害者雇用を行う上で、重要となるのが、障害者の特性を見極めて仕事を割り振ることです。
障害者にはそれぞれ得意分野があるため、得意な仕事を割り振らせることで、健常者と同じように仕事を行ってくれるでしょう。

詳細を確認する

ワークシェアリング

障害者は、個性が強いため、会社にとっては扱いづらい人材であるかのように思われます。
しかし、こうした人材を入れれば、会社の人事の管理能力を上げられます。きちんとした人材の管理によって利益を上げることもできるでしょう。

詳細を確認する

印象を上げられる

障害者雇用制度によって、積極的に障害者を雇用すれば、社外に対しても印象を上げることができます。
消費者や関連企業には、高い信頼や安心を与え、印象の良さにより、新たに有能な社員を確保することにも繋がります。

詳細を確認する

長期で成長する人材

障害者は、仕事の覚えも遅いため、雇い入れると手間がかかるため、デメリットとなると考える人は多くいます。
しかし、障害者は成長の遅さから、簡単に辞めてしまうこともないため、長期で働いてくれる人材となるのです。

詳細を確認する

より戦力となる人材は

障害者の中には、あまり仕事に対して真剣ではない人もいるため、雇い入れたとしても、問題を起こしてしまう場合があります。
障害者能力開発校などで学習している人であれば、意欲的であるため、より質の高い人材を確保できるでしょう。

詳細を確認する